12/09/01「ローゼンブラット+コンテンポラリー」

12/09/01「ローゼンブラット+コンテンポラリー」

【演奏会名】ローゼンブラット+コンテンポラリー
【日時】 9月1日(土)開場18:30 開演19:00
【場所】ムジカーザ@代々木上原駅
【入場料】 4000円 ドリンク付き
【内容】
私達が演奏しますのは「誰も聴いたことのない音楽」、アレクサンドル・ローゼンブラットの曲達です。パロディに満ちたメロディ、ロックやジャズをも超えるポップ性、そして繊細かつ野生味溢れる超絶技巧の数々を4本の手で!!…想像できますか?
ロシアの今を生きるローゼンブラットは、モスクワ音楽院で作曲を学んだ現代芸術音楽の作曲家。クラシック、ロシア音楽、その他の民俗音楽などをモチーフに、ジャズやポピュラー音楽の語法で組み立てる華麗で力強いクロスオーバーに、歴代のロシアの巨匠達の遺伝子をしかと発現するロマンチックな音世界は、現代の音楽家を圧倒しています。また「不思議の国のアリスの冒険」をはじめ、初来日の際に書き下ろされた「日本の歌によるファンタジー」など軽妙なメロディでまとめられ、親しみ易いながらも複雑で入り組んだ曲達は聴く者を必ず魅惑してきました。
そしてローゼンブラットの他に、芥川作曲賞に輝いた山本裕之の揺蕩う旋律の美しい「フォールマ」などを取りあげます。私達は、私達と同じ時間を生きる作曲家ローゼンブラットと山本裕之を、各々と親交の厚い加藤麗子、高橋健一郎を媒介に芸術を共有します。それは私達とあなたとの心を1つの世界で共有する、ということなのです。2台のピアノは饒舌に、4本の手は妖艶に、複雑怪奇で流麗な摩訶不思議な世界へと誘います。

【演奏】 pf 加藤麗子×高橋健一郎
【曲目】
Piano Duo
《アレクサンドル・ローゼンブラット作曲》
★タンゴ(2台4手)
★2つのロシアの主題によるコンチェルティーノ(1台4手)
★ワルツ・エレジー(2台4手)
★ロンド・ア・ラ・モーツァルト(2台4手)
★ビゼーの『カルメン』の主題によるファンタジー(2台4手)
★不思議の国のアリスの冒険より(2台4手)
★日本の歌によるファンタジー~日本の未来であるチャーミングな世麗音に捧ぐ~(2台4手・加藤麗子編)

Piano Solo
《山本裕之作曲》
★フォールマ
《スコット・ジョプリン作曲》
★メイプル・リーフ・ラグ

【URL】 http://sites.google.com/site/musicaliceland/works/concert
【お問い合わせ先】 drivepyon_r2_d2@ybb.ne.jp

12/09/01「ローゼンブラット+コンテンポラリー」

東京芸大.comから共有してください:
  • Digg
  • del.icio.us
  • Facebook
  • Twitter
  • Google Bookmarks
  • email
  • RSS
  • Google Buzz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Spam Protection by WP-SpamFree